パナソニックは11月25日、電動モビリティに搭載される様々なバッテリの状態をリアルタイムに把握できる、クラウド型の新しいバッテリマネジメントサービス「UBMC(Universal Battery Management Cloud)サービス」の提供を始すると発表した。

システム構成図

 UBMCサービスは、これまで同社がバッテリ開発で培い蓄積してきたデータやノウハウを生かし、AIやクラウドを利用して、バッテリの稼働状態をリアルタイムに、定量的に把握して、バッテリの状態を見守り可視化するサービス。

 今回、クラウドに収集したバッテリログを学習データとして、バッテリ開発で培った同社独自の知見を盛り込んだAIを活用する状態推定技術を新たに開発した。これにより様々なバッテリに対して、高精度な電池残量推定モデルを構築することができた。電動モビリティ利用時は、スマホアプリを通して正確なバッテリ残量をその場で把握でき、予期しない電欠を防止することもできる。

 また、運用するバッテリのデータをクラウド上で管理し、UBMCが提供するAPIを利用することで、遠隔から電動モビリティすべてのバッテリの状態をリアルタイムに把握することが可能となる。例えば、モビリティ事業者にとっては利用者に対する適切な電池交換案内、またシェアリング事業者にとっては効率的な充電オペレーションなど、適切なサービス運用を行うことができる。

 さらに、正確なバッテリ状態推定をベースとして地図情報を活用することにより、現在位置から現状の電池残量で到着できる範囲を地図上に表示することや、利用者が設定した目的地や経由地に応じて最適な充電・電池交換ステーションを盛り込んだルートを提案することなど、新たな移動体験を提供する継続的な機能アップデートが可能となる。