オウケイウェイヴ(福田道夫社長)は11月30日、同社製品の代理販売や製品連携を行いたい企業向けの販売パートナー制度「OKWAVE パートナープログラム」を拡張したと発表した。具体的には、セールスパートナー向けの認定資格制度に最上位資格「OKWAVE認定セールススペシャリスト(上級)」を追加し提供を開始した。

OKWAVE認定セールススペシャリストのロゴ

 OKWAVE パートナープログラムは、FAQシステムやチャットボットなど、同社が提供する製品群「OKBIZ.」シリーズの代理店販売とソリューション販売を認定するプログラム。同プログラムには個人を対象とした認定資格「OKWAVE認定セールススペシャリスト」があり、試験(無料)に合格することでOKBIZ.シリーズの販売に必要な知識やスキルを体系的に身に着けていることを認定する。資格取得者には認定証が提供され、名刺や提案書に認定ロゴを挿入できるようになる。現在約230人が取得しているという。

 今回追加したOKWAVE認定セールススペシャリスト(上級)はその上位資格で、プログラム内の最上位資格に位置付けられる。エンドクライアントに対して効果的な提案活動を実施できることを証明する従来の資格とは異なり、オプションの説明や契約・見積もりの作成など応用的な知識を有することの証明となる。

 今後同社は、セールスパートナーへの講習会を定期的に開催し、スペシャリストの育成に取り組んでいく方針で、1年間で100人の最上位資格取得者を見込んでいる。(銭 君毅)