ニュース

日用消費財を自動再発注する「Amazon Dash Replenishment」参画事業者向け開発支援、AIoTクラウド

2020/12/15 15:24

 シャープの子会社であるAIoTクラウドは12月10日、Amazonが提供する消費財を自動再注文するクラウドサービス「Amazon Dash Replenishment」への参画を検討している事業者に対し、各種開発支援サービスの提供を開始すると発表した。

自動再発注システム構築に必要なクラウド、アプリ、管理コンソールをカバー

 Dash Replenishmentは、重量センサーなどのIoTデバイスから取得した日用消費財の消費量データを基に購入時期を予測し、自動再注文を実現する一般消費者向けのサービス。今回、AIoTクラウドは、Dash Replenishmentへの参画を検討する事業者に対して、自動再注文システムの実現に必要となる制御クラウド、スマートフォンアプリ、管理コンソールなどの開発をトータルで支援する。

 また、日用消費財メーカー向けには、IoTデバイスメーカーと連携した専用のソフトウェア開発(日用消費財のIoT化)、機器メーカー向けには、通信モジュールの提供や機器への組み込み開発といったIoT機器開発からEC連携サービスの開発まで、様々な要望に対応していく。

 同社では、IoT機器開発やAIデータ分析、プラットフォーム間連携ソリューション開発などの知見をより多くの事業者に提供することで、スマートライフ実現に向けた取り組みを推進していく考え。
  • 1

関連記事

シャープ、品質・信頼性の各種試験や解析・改善コンサルまで行う受託サービス

シャープ、ローカル5Gに対応ルータ試作機

シャープがロボホンで小学校向け「AI教育パック」、教育機関や自治体など対象に

外部リンク

シャープ=https://corporate.jp.sharp/

AIoTクラウド=https://www.aiotcloud.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>