シャープは、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した小学校向け「AI教育パック」を、教育機関や自治体などの法人を対象に7月3日に発売した。

ロボホン(左)とロボブリック操作画面イメージ

 AI教育パックは、ロボホンの動作や対話プログラムをブロックの組み合わせにより簡単に作成できるソフトウェア「ロブリック」や、「A3RT(アート)」を活用したチャットボットアプリなどのAI教育ツール、授業カリキュラムをセットにしたもの。

 ロブリックには、ディープラーニング解析により画像認識を可能にする「TensorFlow Lite」を搭載しており、人物や果物などをロボホンのカメラで撮影するだけで、AI学習によりロボホンに覚えさせることが可能。学習した対象物をロボホンのカメラで認識すると、あらかじめプログラムした特定の動作や返答を行う。

 A3RTは、ロボホンへの質問に対し、クラウド上のAIが自動で返答を生成。ロボホンを介してAIとの対話を体験できる。また、全8コマからなる授業カリキュラムは、ロボホンやAI教育ツールを活用しながら、AIについての理解を深めるとともに、児童自らがAIの特徴や利点、課題などを考える機会を提供する。

 さらに、同パックを活用したオンライン授業サービスを、マクアケが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」で、7月3日から販売している。個人の顧客でも購入でき、家庭でのAI学習に活用できる。

 価格はオープン。