エス・アンド・アイ(S&I)は4月27日、FMC対応PBXシステム「uniConnect(ユニコネクト)」を、リンクが展開するクラウド型CTI/コールセンターシステム「BIZTEL(ビズテル)」にオプションサービスとして提供すると発表した。

「uniConnect」を「BIZTEL」へ提供

 これにより、BIZTELを利用する顧客は、契約している通信キャリアや契約形態(個人契約/法人契約)に関係なく、スマートフォンをBIZTELの内線/外線端末として利用できるようになる。

 BIZTELは、PCとインターネット回線のみで実現するクラウド型CTI/コールセンターシステム。電話システムの核となるPBX(構内交換機)をはじめ、すべての機能がクラウドで利用できるため、低コスト・短期間での導入が可能。1席から手軽に利用できる料金プラン、安定したシステム、金融機関でも利用可能な高いセキュリティレベル、クリアな通話音声、ユーザーのニーズに寄り添ったサポートといった質の高いサービスの提供により、業態や規模を問わず、多くのカスタマーサポート業務を支援している。

 一方、uniConnectは、11年から提供しているFMC対応PBXシステム。居場所にかかわらず、いつでもどこからでもスマートフォンで会社の電話番号での発信/着信が可能になる。また、固定電話では当たり前の「保留・転送」や「代理応答」などもスマートフォンで利用できるため、テレワークやリモートワークを推進する多くの顧客に活用されている。

 今回のオプションサービスを利用することで、コールセンターの電話機能はもとより、オフィスの電話機能までBIZTELの契約だけで企業の音声通信環境すべてを実現できるようになる。また、在宅などセンター業務へのリモート対応や遠隔からのオペレーター支援にも効果的に活用できる。