ハンモックは、企業や官公庁における帳票/書類入力業務をサポートするクラウド型データ入力サービス「WOZE(ウォーゼ)」を7月から提供すると発表した。特許技術とクラウドワーカーを活用することで、従来のOCRに比べ高精度なデータ化を実現するという。

 WOZEは、AI型のOCRエンジンと、従来の非AI型のOCRエンジンの2つを使用した特許技術「WOCR」を活用する。対象となる画像を2つのエンジンにより二重チェックすることで、誤読を減らし、データ化する。同社が6万3500項目の画像(活字)を対象としたテストを行った結果、精度は99.97%だったという。実際のデータでも、85%は高精度にデータ化するとしている。

 WORCで要確認と判断されたデータは、クラウドワーカーが目視で確認して入力する。その際、日付、注文番号、金額など項目ごとに画像を分離させ、複数のクラウドワーカーに提供するため、セキュリティも担保されるとしている。
 
 従来型のシングルOCRでは、一定数の誤読文字が発生し、結果、目視チェックが必要となっていた。WOZEでは、ユーザーが画像をアップロードするだけで正確なデータが取得できるため、業務効率化が期待できるという。

 価格は1枚40円(月間5000枚契約の場合)で、最短30分でデータ化する。