ハンモック(若山大典社長)は、取引先帳票対応OCRソフトの新バージョン「AnyForm OCR Ver.6」を3月2日に発売した。


 AnyForm OCRは、優れたデザイナーツールで取引先帳票を簡単にOCR設計することができる汎用OCRソフトウェア。OCR項目を座標指定する従来方式やOCR項目をキーワードとして登録する方式の二つに加え、OCR項目や読取設定が不要な特許申請技術「自律型OCR」方式に対応。これらにより、OCRの初期作業となる帳票設計作業を大幅に効率的することができる。また、OCR結果を確認する際には、マスタ連携や明細項目の自動演算処理機能など、データ入力業務における実践的な機能を標準搭載している。

 新バージョンでは、AnyForm OCRの文字認識精度や操作性の向上だけでなく、システム運用の負担を軽減する新たな仕組みを取り入れ、データ入力業務の効率化を実現する。

 具体的には、従来バージョンではAnyForm OCR内にマスタ情報を保存する場合、基幹システムなどのデータベースをエクスポートし、AnyForm OCRにインポートする必要があったが、新バージョンではMicrosoft SQL Serverのデータベースと直接連携することができるため、マスタ情報を同期するための手間が不要となった。今後、対応データベースは順次追加していく予定。

 また、OCRに必要な項目や読み取り方法などの定義情報をあらかじめプレインストールし、帳票設計不要で利用できる特定帳票特化型のOCRエンジンを強化した。従来バージョンでは難しかった罫線のない帳票への精度向上や印影除去機能の追加により、認識できる帳票が40%向上した。

 さらに、1枚に複数の帳票があるレイアウトにも対応することが可能となった。例えば、注文書などで上部と下部に注文番号が異なる2枚の注文情報が記載されている注文書など、複雑なレイアウトの帳票にも対応することができるようになった。