Sansanは5月13日、オンライン名刺アプリ「Eight」上でビジネスイベントの情報を登録・閲覧できるビジネスイベントメディア「Eight ONAIR」の提供を開始すると発表した。5月17日から利用できる。

 Eight ONAIRは、開催中や開催予定のビジネスイベント情報をEight上に掲載するサービス。Eightを利用しているユーザーは、Eight上でさまざまなイベント情報を入手することができる。Eightでつながっている他のユーザーの参加状況が可視化されることが特徴の一つで、「つながりのあるユーザーの参加状況を確認して、自身が参加するかどうか検討できる」(大津裕史・執行役員CPO プロダクト戦略開発室室長)といい、イベントの参加を検討する材料として活用できる。
 
開催中のイベント表示画面のイメージ(アプリ版)

 イベントに参加する際にはオンライン名刺機能を利用して主催者と名刺交換することにより、フォームへ情報を入力することなくイベントに参加できるようになる。開催予定のイベントは開催10分前に通知するよう設定することが可能で、ユーザーが忘れずにイベントに参加できるようにしている。リアルタイムで開催中のイベントには事前に申し込むことなくすぐに参加することもできる。
 
イベント参加時のオンライン名刺交換画面のイメージ

 イベントの主催者は、開催するイベントの告知ページと視聴用ページのURL、開催日時を入力するだけでイベントを登録することができる。Eightのオンライン名刺を用いて申し込みを受け付けるため、参加者の手入力と比べて正確な情報を収集することができるという。
 
イベント登録時の画面イメージ(ブラウザー版)

 登録したイベントは、Eight上でユーザーがシェアしたり、URLをコピーして外部のSNSで発信したりすることで、情報が拡散される。また、Eightにおけるイベント登壇者や参加者のつながりから、「Eightのネットワークを用いた情報拡散により、登壇者や参加者のつながりを使ってより広い層にアプローチできるようになる」(大津執行役員)としている。

 Eight ONAIRは5月17日に提供を開始。イベント主催者、参加者とも無料で利用できる。大津執行役員によると「先行して400件以上のイベント掲載の申し込みをいただいている」という。

 SansanではEight ONAIRの提供により、Eightのアクティブユーザーの増加や新しい価値の提供を図る。また、同社が昨年開始したイベントテック事業とのシナジーも見込んでおり、塩見賢治・取締役Eight事業部事業部長は「Eight事業、イベントテック事業を加速させるのが、Eight ONAIRの重要な役目」だと語った。(前田幸慧)