JBアドバンスト・テクノロジー(JBAT)は、サイボウズの業務改善プラットフォーム「kintone」のアプリ間のデータ更新を自動化するプラグイン(機能拡張ソフト)として「ATTAZoo U(アッタゾー ユー)」の提供を7月29日に開始した。


 今回、JBATが提供するATTAZoo Uはkintoneアプリ内のデータが更新されたときに別のkintoneアプリのデータを自動で更新するプラグイン。例えば、kintoneの案件管理アプリで営業活動を登録したときに、顧客管理アプリに登録されている顧客の最終訪問日を自動で更新すれば、日々の活動登録から顧客のマスター情報を常に最新の状態に保つことができる。

 また、受注・出荷という業務フローでは、出荷アプリに入力した出荷状況を前工程である受注アプリにも自動で更新することで、業務担当者が複数のアプリをチェックしたり二重入力したりする必要もなく、スムーズな業務連携と作業の効率化を実現する。

 通常、kintoneでこれらの機能を実現するにはJavaScriptによるプログラミングが必要だが、ATTAZoo Uは機能を実装したプラグインとして提供するため、開発不要で導入してすぐ利用することができる。

 税別価格は月額1万円(kintone 1ドメイン利用当たり)。メールによるヘルプデスク・サービス付き(操作や技術的な質問への対応、問題の切り分けを実施)となる。