NTTデータは、保険販売などの営業活動を非対面で完結できるウェブ会議システム「FG-TriView(エフジートライビュー)」の提供を2022年1月に開始する。

サービス提供イメージ

 従来のウェブ会議システムは、保険販売など契約を伴う非対面の営業活動に不向きだった。画面共有で契約手続きを進めようとすると、顧客のプライバシー情報(健康状態や既往歴など)が保険販売員に見えてしまい、コンプライアンス上で問題があった。

 NTTデータでは、こうした課題解決に向けて、非対面で営業活動や契約手続きをスムーズに行えるウェブ会議システムの検討と開発を重ねてきた。今年4月から6月まで一部の保険会社に試験的に導入し、システムの有効性が確認できたため、FG-TriViewとして提供することになった。

 FG-TriViewは、営業担当者が個人情報保護を順守しながら顧客と画面共有や画面操作の受け渡しを行うことで、商談から契約手続きといった一連の営業活動を非対面で完結できるサービス。利用に特別なアプリなどのインストールは不要で、営業担当者は現在利用している渉外営業用のウェブシステムに変更を加える必要がない。ファーストユーザーとして、三井住友海上あいおい生命が来年1月に導入する。