さくらインターネットは、衛星データとAI画像認識技術を活用して新規駐車場用スペースを自動検出する駐車場検知ツール「Tellus VPL」のα版を衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の公式ツールとして8月19日から無料提供を開始した。

「Tellus VPL」の新規駐車場用スペース
解析結果イメージ

 Tellus VPLは、さくらインターネットと、AI・ディープラーニング技術のコンサルティングと開発を行うRidge-i(リッジアイ)、駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa(あきっぱ)の3社で研究開発したもの。

 Tellusは、さくらインターネットが経済産業省事業として開発・運用するクラウド上で衛星データの分析ができる日本発の衛星データプラットフォーム。「宇宙アセットを民主化する」というビジョンを掲げ、衛星データを利用した新たなビジネスマーケットの創出を目指している。今回、衛星データやアプリケーション、アルゴリズムなどのツールを利用・売買できる機能「マーケット」に、Tellus VPLのα版を無料提供することになる。

 Tellus VPL開発の背景には、akippaが抱える課題がある。akippaは、全国の空いている月極や個人の駐車場、空き地など全国累計4万6000拠点(8月時点)を駐車場として一時利用できるシェアリングサービスを提供している。新規駐車場用スペースの開拓は、地図で候補地を探して、担当が現地に出向いて営業活動を行う場合が多く、多大なコストを要する。同ツールにより、衛星データから新規駐車場用スペースとして活用できる候補地の見当がつけられるようになり、新規駐車場開拓での営業活動の効率化が期待できる。

 同ツールの開発にあたり、Tellusの開発・利用を促進するさくらインターネットが同プロジェクトの企画と衛星データの提供、Ridge-iが機械学習・ディープラーニングの技術を使い、衛星データから新規駐車場用スペースの候補地を検出できるプログラムを開発した。

 akippaでは、ビジネスでの同ツールの本格的な活用に向けて、駐車場開拓パートナー(代理店)との連携を今後順次行っていく。3社は、引き続き同ツールのブラッシュアップを行い、衛星データの実用化に向けて取り組んでいく方針。