コドモンは、宮城県名取市の学童保育施設全8施設で子ども施設向けICTシステム「CoDMON(コドモン)」を9月1日から順次運用する。名取市では、ICTシステムの導入で、保護者の利便性向上、職員の業務負担軽減、児童と向き合う時間が増えることによる学童保育の質向上を目指す。
 

CoDMON

 CoDMONは、保育園や幼稚園で働く先生と保護者に対して、子どもたちと向き合うゆとりをもってもらうための支援ツールを提供するSaaS。園児情報と連動した成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理や保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に省力化しながら保育の質を高める環境づくりを支援する。

 「児童台帳」では、児童の名前・クラス・生年月日など、児童ごとに情報を一元管理することが可能で、施設での児童ごとの情報共有が容易になる。「入退室・出退勤管理」では、児童の入退室記録をQRコードを使った打刻機能で自動管理する。保護者は、スマートフォン(スマホ)アプリを使用し入退室時刻などの確認が可能となる。

 「お知らせ一斉配信」では、緊急連絡時にクラスや児童を指定して登録しておいたテンプレートから選んで連絡事項を記載するだけで簡単シンプルに情報配信を行うことができる。メール配信のほかに、スマホの通知機能やアプリ内で配信などあらゆる方法で情報を届けることができる。

 「遅刻・欠席・お迎え・延長」では、入退室時間帯の遅刻・欠席・お迎えなどに伴う連絡を保護者アプリから申請できる。保護者が時間を気にせず瞬時に施設に報告することができ、施設が電話対応することなくタブレット端末などでリアルタイムに受け取ることができる。保護者、施設双方にとって利便性の高い機能となっている。

 「連絡帳」では、児童の様子を伝え合う連絡帳を電子化。保護者はスマホアプリを使って、家庭での様子を選択形式で報告するため、最小限の手間で入力できる。施設では、施設での様子を写真も活用しながらフィードバックすることができる。