ニュース

36協定と働き方改革関連法の順守へ、「就業大臣」と「MaLion」が連携

2021/09/24 10:00

 インターコムは、応研の就業・勤怠管理システム「就業大臣NX」とインターコムのIT資産管理+情報漏えい対策システム「MaLionCloud」「MaLion 6」(MaLion)を連携した。

システム構成イメージ

 今回の連携で両システムのユーザー企業は、36協定と働き方改革関連法を順守した労務管理体制を実現できる。具体的には、打刻データとPC稼働ログを基にした勤怠管理、テレワークを含む従業者の労働時間の可視化、従業者へのアラートやPC強制終了などによる残業抑制が可能となる。

 例えば、サービス残業は従業者自身が打刻するタイムカードではチェックできない。特にテレワーク中は、管理者が従業者を目で追えないため、打刻後の業務を把握することは困難だった。この連携によって、従業者が何時にPCの電源を入れ、何時に電源を落としたのかがMaLionに記録され、そのデータを就業大臣の打刻データと比較することで、労働時間の乖離を一目で確認できる。退勤打刻後のサービス残業を発見することで、従業者の働き過ぎを防ぎ、確実な勤怠管理が実現する。

 主な連携機能として、就業大臣が管理する打刻データをMaLionが管理するPC稼働ログと合わせることで、従業者PCごとに稼働状況をグラフ化する。これによって、退勤打刻後にサービス残業を行っている従業者、休憩時間帯に働いている従業者、就業時間内に長時間働いていない従業者がいないかを確認できる。

 また、従業者のPCに対して、残業警告のポップアップ表示やメール送信を行い、残業を抑止できる。終業時刻を過ぎても稼働しているPCに対しては、強制シャットダウンの実行が可能。残業管理体制のシステム化によって、長時間労働の是正を徹底することができる。

 MaLionが管理するPC初回ログオンと最終ログオフの情報をCSV形式で就業大臣に取り込み、出退勤時刻として利用できる。打刻忘れの防止、PCログに基づく客観的記録による勤怠管理が可能となる。
  • 1

関連記事

インターコム 代表取締役社長 須藤美奈子

インターコム、6月29日付で須藤美奈子氏が代表取締役社長に就任

チームスピリット プロジェクト型ビジネスの増加を商機に高度人材の最適配置を自動化

外部リンク

インターコム=https://www.intercom.co.jp/

応研=https://www.ohken.co.jp/

「MaLionシリーズ」=https://www.intercom.co.jp/malion/

「就業大臣NX」=https://www.ohken.co.jp/product/shugyo/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>