SCSKは、SCSKのグループ会社であるSkeedの高速ファイル転送ソリューション「SkeedSilverBullet(スキードシルバーバレット)」をトヨタシステムズに導入した。

「SkeedSilverBullet」導入イメージ

 トヨタシステムズは、CAE解析システムの大容量データ転送としてSkeedSilverBulletを採用。2021年9月現在、トヨタ自動車とトヨタグループ関連会社の計13社(270ライセンス)で利用されている。トヨタグループは、CAE解析にHPCを各社で独自に調達していたが、HPC計算リソース不足で解析に遅れが生じるケースがあったほか、コスト増加の懸念があった。そこで、SkeedSilverBulletを選んだ。