エフセキュアは、韓国のKAON BroadbandとカナダのIncognitoなどと協業し、エンドツーエンドのコネクテッドホームセキュリティを提供する新しい統合サービスを発表した。


 KAONは、ホームネットワークデバイス/サービスによる統合ソリューションを提供。Incognitoは、ブロードバンドサービスオーケストレーションソフトウェアを提供している。KAONの「Quantum Open Standard Platform」とIncognitoの「Digital Experience (DX) Auto Configuration Server」にエフセキュアの「F-Secure SENSE」を組み合わせることで、ISPのユーザーに対するサービス提供、リモート管理、セキュリティの強化を図っていく。

 Quantum Open Standard Platformは、ISPによる新サービスのシームレスな追加が可能。App Storeで、オープンソースベースのライセンスフリーのプラットフォームで利用可能なサービスを提供している。Digital Experience (DX) Auto Configuration Serverは、ルータ上のコンテナ化されたサービスがインストール/アクティベートされ、簡単なアップデートを保証。F-Secure SENSEが変化する脅威に保護機能を提供する。