NTTデータは、人流をリアルタイムに予測できる「BizXaaS MaP 人流分析」のサービス提供を11月1日に開始する。

BizXaaS MaP 人流分析

 BizXaaS MaP 人流分析は、豊富な位置情報コンテンツと業務APをワンストップで提供するBizXaaS MaPシリーズの新サービス。今年1月から提供している「モバイル空間統計 国内人口分布統計(リアルタイム版)」のデータに加え、複数の人流プローブデータ(unerry「Beacon Bank」リアルタイムGPSプローブ、カープローブなど)、各種地理空間データを複合的に処理することにより、分析対象施設周辺の建物単位、リアルタイムな高精度人流分析・予測機能を提供する。

 同サービスを利用することで、人口分布統計、GPSなどの複数の人流プローブデータ、地理空間データを複合的に処理し、建物単位、道路単位での人流を分析、予測できる。これにより、特定エリアの絶対人数推計や性・年代・居住地割合などの属性、今後の人流予測をリアルタイムに把握できるようになり、例えば飲食業では街の人出を即座に把握でき、飲食店の仕込み量の調整や、閉店間際の割引率の最適化が実現し、廃棄食材の削減を可能にする。

 NTTデータは、同サービスを通じて小売り・流通企業での需要予測、不動産のポテンシャル評価、街づくりや都市交通への活用など、顧客業務の変化を支援することで、2025年度までに年間20億円の売り上げを目指す。