セガとマイクロソフトコーポレーション(マイクロソフト)は、セガの中長期重点戦略でSuper Gameと掲げている大型グローバルタイトルの創出に向け、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」でマイクロソフトのさまざまな技術を活用してタイトル開発を進めていくことと、マイクロソフトが保有するソリューションを活用しセガの次世代開発環境の構築を主軸とする戦略的提携の検討を進めていくことに合意した。

 セガでは、Super Gameの開発に向け、特にグローバルに対応したオンラインサービスの提供に必要なネットワークインフラやコミュニケーションツールの構築といった領域で、クラウドプラットフォームMicrosoft Azure上でのマイクロソフトが保有するテクノロジーの活用や、テクノロジーの進化に向けた相互協力、ワークスタイルの多様化など、日々変化するセガの開発環境を次世代型のものに移行していくために、今回、両社間で技術的な提携を検討していくことに合意した。

 セガの杉野行雄社長は、「セガのSuper Gameの開発と、先進的なゲーム開発環境の構築にあたり、マイクロソフトとの間で戦略的提携の検討を進めることを発表することができてうれしく思う。セガがもつゲーム開発力とマイクロソフトが保有する最先端のテクノロジーや開発環境の構築といった分野で、相互に協力関係を築くことで、世界中のゲームファンに楽んでもらえるゲーム開発をさらに進めていく」とコメントしている。

 また、マイクロソフトコーポレーションのサラ ボンド・コーポレートバイスプレジデントは、「セガは、ゲーム産業の象徴的な企業であり、長年にわたってパートナーとなっている。今回、セガの新しい挑戦に、マイクロソフトのクラウドテクノロジーを活用していけることを楽しみにしている。セガとゴールを共有し、ゲームファンに、多くの新しい価値を一緒に提供していけるよう努めていく」とコメントしている。