エフセキュアは、2022年1月に法人事業において新ブランドを確立する。2月以降、欧米で各種イベントを実施。国内では3月中旬からパートナー向けの説明会などを行い、その後、新ブランドで製品を展開していく予定だ。
 
ユハニ・ヒンティッカ・プレジデント兼CEO

 同社のユハニ・ヒンティッカ・プレジデント兼CEOは、新ブランドの確立について「これまで法人事業とコンシューマー事業を同じブランドで展開してきたが、双方のビジネスをより成長させるため、法人事業を独立したブランドで展開していく。また、当社は老舗アンチウイルスベンダーのイメージが定着しているが、最近のサイバーセキュリティ市場の中身が多様化しているため、新たなイメージを打ち出したい」と語った。

 現状、新ブランドの名称は非公開。22年1月下旬に発表し、2月上旬のRSAカンファレンスでローンチイベントを開催する予定。国内では3月中旬からパートナーとメディア向けにロードショーを行い、コンセプトを含め詳細を説明する。なお、「新ブランドは法人事業のみで、コンシューマー事業に変更点はない」という。