ニュース

羽田空港で自動運転バス、マクニカなど5社が実証実験

2021/12/08 14:30

 「HANEDA INNOVATION CITY」の開発を進める羽田みらい開発、ソフトバンクの子会社であるBOLDLY、マクニカ、日本交通、鹿島建設の5社は、「HICity」と羽田空港第3ターミナル間の公道で自動運転バス「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」の実証実験を12月11~30日の期間で行う。

自動運転バス「NAVYA ARMA」

 今回の実証実験では、一般利用者の乗車が可能。自動運転バスが「HICity」と羽田空港第3ターミナル間の公道を含む往復のルートを、時刻表に沿って運行する。羽田空港を含むルートで一般の利用者向けに自動運転バスの実証実験を行うのは初めて。運行時間が12~13時を除く10~15時30分、走行距離が往復約3.9km、走行時間が往復約30分(片道約15分)、走行速度が最大20km/hとなる。
  • 1

関連記事

マクニカ、専用ラボを新設しAIと脳科学の組み合わせを研究

ペンド・ジャパン マクニカと日本初の一次店契約 ソフトウェア定着支援ソリューションの市場開拓

ディストリビューターサミット SB C&S、シネックスジャパン、ダイワボウ情報システム、ネットワールド、大手4社のトップが集合

外部リンク

羽田みらい開発=https://haneda-innovation-city.com/

BOLDLY=https://www.softbank.jp/drive/

マクニカ=https://www.macnica.co.jp/

日本交通=https://www.nihon-kotsu.co.jp/

鹿島建設=https://www.kajima.co.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>