クラウドソフトウェアの活用や定着を支援するソリューション「Pendo」を提供する米ペンドが日本市場での拡販に本腰を入れている。日本法人のペンド・ジャパンは、マクニカの社内カンパニーであるネットワークスカンパニー(以下、マクニカ)と一次販売代理店契約を結んだ。日本での一次店契約は初。マクニカはユーザーへの販売やサポートだけでなく、二次販売代理店の開拓・育成も担い、ペンドのパートナーエコシステム拡大を支援する。ペンド・ジャパンはこのパートナー契約を大きな推進力として、向こう1年で大手企業を中心に20社をユーザーとして獲得したい意向で、2027年1月期には100億円の売り上げを目指す。マクニカもPendo事業で独自の目標を掲げており、29年3月期までに20社のパートナー獲得と年間50億円の売り上げ達成を見込む。

 Pendoはクラウド上で提供される各種ソフトウェアを対象に、ユーザーの挙動を網羅的に計測・分析して活用のボトルネックを可視化する。さらに、ソフトウェアの画面上にオリジナルのガイドをノーコードで作成・表示できる機能や、アンケートなどによりユーザーからの定量的・定性的なフィードバックを得る機能も備える。
 
ペンド・ジャパン 高山清光 カントリーマネージャー

 ペンド・ジャパンの高山清光・カントリーマネージャーは「ユーザーの分析と定着支援のためのガイド機能の両方で市場のトップベンダーと目される機能を提供できているのがPendoの強み。データの分析に基づいて、必要なガイドを必要な人に絞って表示することができる」と説明する。