デル・テクノロジーズは4月21日、従業員数50~300人程度の中堅・中小企業向けに、PCの調達から運用管理、廃棄までをトータルで支援するサービス「ゼロタッチPC for SMB」を開始した。中堅・中小企業におけるPC運用管理に関する負担を大きく軽減し、より付加価値の高い業務へ注力できるようにする。新サービスを軸に販売拡大を図り、3年後に中堅・中小企業へのPCの販売台数を2倍にする目標を掲げる。

 ユーザーは専用のウェブサイトから機種や構成を選定して購入し、導入・設定は「Microsoft Intune」や「Windows Autopilot」でほぼ自動化される。Autopilotに馴染みのない企業でも円滑に利用できるよう、管理者マニュアルとそれに基づくオンライントレーニングを用意する。サービスには「Microsoft 365」も付属する。

 運用管理については、「Windows OS」や「Microsoft Office」などに関するヘルプデスクをサービス事務局で担うほか、故障機交換や廃棄依頼、廃棄に伴うデータ消去なども事務局側で対応する。