OSKは、統合業務パッケージ「SMILE V」の後継製品として「SMILE V 2nd Edition(SMILE V2)」を5月23日に発売する。

伝票自動入力機能イメージ

 SMILE V2は、バックオフィス業務の根幹を担う販売管理、会計管理、人事給与管理機能を大幅に強化し、企業の法改正対応、業務のデジタル化をサポートする。

 「SMILE V2 会計」に新たに加わる伝票自動入力機能は、レイアウトが異なる経費明細、入金明細などの表形式のデータを取り込み、仕訳伝票に自動変換する。入力ミスにつながる転記作業がなくなるうえ、勘定科目や摘要などの情報も、設定されたルールや過去の入力情報に基づき自動入力されるため、使えば使うほど入力作業が不要となり、伝票入力業務の効率化を実現する。「SMILE V2 販売」の入金伝票入力にも同様の機能が搭載される。

 そのほか「SMILE V2 人事給与」のマイナポータルAPI連携機能、人事諸届のスマートフォンによる申請機能など、場所を選ばずに業務を進めることを可能とし、給与担当・人事担当の作業負荷を大幅に削減できる。

 さらに、SMILE V2 販売とSMILE V2 会計については、23年10月のインボイス制度開始に向けた各種機能を搭載。適格請求書の要件を満たした帳票発行が行えるだけでなく、インボイス制度の税額計算や経過措置に則した運用支援機能も提供する。

 価格は、オンプレミス版の基準情報が5万5000円から、販売モジュールが49万5000円から、会計モジュールが22万円から、給与モジュールが22万円から、人事モジュールが38万5000円から。