ニュース

税務申告業務の効率化を実現、OSKとエプソン販売が協業

2022/04/27 12:02

 OSKは、統合業務パッケージ「SMILE V 会計」の新たなライブラリとして、エプソン販売が販売する「R4シリーズ」に対応した「SMILE V ライブラリ 内訳書 R4連携 for 会計」を4月27日に発売した。

システム連携イメージ

 SMILE V ライブラリ 内訳書 R4連携 for 会計は、SMILE V 会計に入力した仕訳明細や実績情報を、勘定科目内訳明細書のデータとして集計・出力し、「内訳・概況書顧問 R4」(エプソン製)で取り込み可能とする。さらに、「電子申告顧問 R4」(エプソン製)を利用することで電子申告まで行うことができる。

 SMILE V 会計のデータを利用することで入力の手間とミスを削減できる上、税務署へ行かずにインターネットで手続きを完了させることができる。以前から、消費税申告書と別表十六については、R4シリーズと連携して電子申告を実現していたが、今回のリリースによって勘定科目内訳明細書も追加で連携が可能となり、税務申告業務のデジタル化範囲が広がる。

 価格は11万円から。
  • 1

関連記事

セキュリティ対策が遅れるOT環境 ベンダーは専門ソリューションの提供を進める

【2022年 新春インタビュー】 OSK 時代を見据えた新製品の開発に着手

OSK、統合業務パッケージの最新版「SMILE V 2nd Edition」を5月に発売

外部リンク

OSK=https://www.kk-osk.co.jp/

エプソン=https://www.epson.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>