ニュース

マジックソフトウェア、松山電子計算センターの「Magic xpa」事例を公開

2022/05/31 16:21

 マジックソフトウェア・ジャパン(マジックソフトウェア)は、松山電子計算センターが、ローコード開発ツール「Magic xpa」で開発した2種の業務パッケージソフト「現場主義」と「田舎主義」の事例について公開した。
 

パッケージソフト導入の効果

 Magic xpaで作ったパッケージソフトは、ユーザーの要望に対応したきめ細かなカスタマイズが可能。松山電子計算センターでは、Magic xpaで機能追加とバージョンアップを繰り返し、2製品合わせて全国1000社を超える多くの企業に導入しユーザーの業務効率化を実現した。

 現場主義は、小売業・専門店のためのマーチャンダイジングシステムで、400社以上に導入されている。予算管理から売り上げ、商品分析、メーカーや販売員の評価といった項目までカバーする総合的な商品管理システムとなっている。

 田舎主義は、通販業務向け顧客、販売管理システムで、650社以上に導入されている。受注・売上管理、入金・売掛管理、販売集計、顧客分析・管理、販売促進などの機能をサポートし、小規模から大規模まで対応することができる。

 これらパッケージソフトの導入効果としては、「月30時間の業務削減に成功」「自動化することで人為的なミスを低減」「分析により、離脱率が減少し売上アップを実現」「次世代システムへのスムーズな連携と、市場規模の拡大」を挙げている。

関連記事

マジックソフトウェアの「Magic xpa」、ITトレンドのGood Productを受賞

クラウド市場の変化にどう対応すべきか 業界特化型クラウドの台頭に備えよ

JBCCホールディングス リカーリングで売り上げ増に転換 ローコードの推進は営業利益の改善に

外部リンク

マジックソフトウェア・ジャパン=https://www.magicsoftware.com/ja/

松山電子計算センター=https://www.mccwave.co.jp/

おすすめ記事