ニュース

ビジネスメールの誤送信と対応は? サイバーソリューションズが実態調査

2022/06/08 13:56

 サイバーソリューションズは、従業員数300人以上の企業の経営者・会社員300人を対象とした「メール誤送信後の対応調査」を実施した。
 


 誤送信を経験したことがある人を対象に、誤送信をした時にどのような対応をしたかを聞くと、最も多いのは「誤送信先に謝罪メールをする」の83%、続いて「誤送信先に電話する」が48%だったという。このように、誤送信先に対しては、ミスを伝え謝罪しようという行動に移す人が多いことが見受けられるとのことだ。一方、社内報告として、「上司に誤送信を報告する」のは23%しかなく、会社として誤送信を管理・把握できていないケースが多いことが分かった。

 誤送信後に「上司に報告した」と回答した中で世代別にみてみると、20代は8%のみが上司に報告したと回答し、他世代よりも明らかに低いという。全世代でも誤送信時に上司に報告しなければならないという意識は低いことや対応方法にばらつきがあることが判明したため、企業として誤送信時の対応マニュアル整備やそもそもの誤送信ミスがおきない仕組みづくりが求められる結果となった。

 メールは日常的にビジネスのやり取りで使用するが、メールの誤送信をきっかけにビジネスや会社のブランドに打撃を与えるような事態が起こりうる可能性もある。誰にでもヒューマンエラーが起きる可能性があることを念頭に、企業として事前にミスが起きない仕組み作り、または現状のセキュリティ対策の見直しが必要といえる。
  • 1

関連記事

【情報セキュリティ対策の道のりと今後の展望・2】標的型サイバー攻撃の被害を受けた企業が実施した取り組み

SASEの現実と未来 導入が進むもまだ未成熟

デル・テクノロジーズ ソフトウェアでストレージ性能を強化 エントリー機種でも最大18.8ペタバイトに対応

外部リンク

サイバーソリューションズ=http://www.cybersolutions.co.jp

「メール誤送信後の対応調査」=http://download.cybersolutions.co.jp/wp/missend_2022

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>