オールフラッシュ型ストレージを提供するピュア・ストレージ・ジャパンは、6月9日に記者発表会を行い、米国で開催した同社の年次イベント「Pure//Accelerate techfest22」での発表内容を国内向けに説明した。ソフトウェアおよびサービスをサブスクリプションで提供し、ハードウェアはユーザーが購入する新しい利用モデル「Evergreen//Flex」を開始するほか、従来品に比べて容量密度、性能、電力効率が向上した新たなストレージ製品「FlashBlade//S」を投入する。
 
(左から)田中良幸社長、藤井洋介・市場開発本部本部長、
関根悟・FlashBladeジャパン・テリトリー・マネージャー

 Evergreen//Flexは、ソフトウェアとサービスは使用量に応じたサブスクリプション形式で利用し、ハードウェアはユーザーが所有する、クラウドライクな契約とオンプレミスの資産を組み合わせた運用モデル。ソフトウェア費用の初期支出を抑えながら、ハードウェアはユーザー自身の手で所有、管理できるのが特徴となっている。藤井洋介・市場開発本部本部長は、ハードウェアとソフトウェアのすべてを買い取る形態に比べ、Evergreen//Flexが「かかるコストの見える化と、最適化が可能になる」と語った。