ニュース

実行エンジン型の販売で7年連続1位、マジックソフトウェアの「Magic xpa」

2022/06/30 15:04

 マジックソフトウェア・ジャパン(マジックソフトウェア)は、デロイトトーマツ ミック経済研究所が発刊した「aPaaS(Application Platform as a Service)が牽引するローコードプラットフォームソリューション市場動向 2022年度版」で、「Magic xpa」が業務アプリ実行エンジン型ベンダーのソフトウェアライセンス売上・シェア22年度見込みで、7年連続トップシェアを獲得した。

aPaaSが牽引するローコードプラットフォームソリューション市場動向
(出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所)

 Magic xpaは、ビジネス・アプリケーション開発基盤として30年以上の実績と高い開発生産性をもつローコード開発ツール。日本国内では800社以上のパートナーを通じて、4万5000社以上の企業にMagic xpaで開発された業務アプリケーションが導入されている。また、300種以上の業務パッケージソフトウェアの開発基盤として20年以上利用されており、製品の品質・信頼性、過去のアプリケーション資産の継承性の高さを証明している。

 ローコード開発ツールは、導入時の初期コストが大きく、スモールスタートができないというユーザーから、同社への問い合わせが増えているという。Magic xpaは1ユーザー、PC1台のスタンドアロン構成からスモールスタートが可能で、大規模ウェブシステムまで拡張することができる。これからローコード開発を始めるユーザーやSIerには取り組みやすく、また多くの開発パートナーからの支援を受けることができるため、取り組みのハードルが低く、短期に投資回収ができるツールとなっている。

関連記事

マジックソフトウェア、松山電子計算センターの「Magic xpa」事例を公開

マジックソフトウェアの「Magic xpa」、ITトレンドのGood Productを受賞

Magic xpiで「勘定奉行クラウドアダプタ」を提供、マジックソフトウェアから

外部リンク

マジックソフトウェア・ジャパン=https://www.magicsoftware.com/ja/

おすすめ記事