ニュース

デル・テクノロジーズ 「APEX」のストレージサービスの国内提供を開始 運用のシンプル化とコスト最適化を実現

2022/08/04 09:00

週刊BCN 2022年08月01日vol.1933掲載

 デル・テクノロジーズは7月14日、オンプレミスのストレージを従量課金型のマネージドサービスとして利用できる「APEX Data Storage Services」の国内提供を開始した。これに関連して同社は報道関係者向けの説明会を開催し、来日した米Dell Technologiesのグローバル スペシャルティセールス担当のカイル・レジェスキー・シニアバイスプレジデント(SVP)が同社のマルチクラウド戦略をテーマにプレゼンテーションを行った。
 
カイル・レジェスキー シニアバイスプレジデント

 複数のクラウドサービスを使い分けるマルチクラウドの形態が多くの企業で一般的になるという見方が強いが、一方で問題点もある。レジェスキーSVPは「企業は複数のパブリッククラウドを利用し、自社のプライベートクラウドにも投資し、エッジにはデータが爆発的に増えている。これが現在のマルチクラウド環境で、管理が複雑化し、運用面・財務面・技術面に課題を抱えている」と指摘する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

デル・テクノロジーズ クラウド向けのデータ保護機能を強化 Azureを「データ隔離」領域として利用可能に

デル・テクノロジーズ ソフトウェアでストレージ性能を強化 エントリー機種でも最大18.8ペタバイトに対応

外部リンク

デル・テクノロジーズ=https://www.dell.com/ja-jp/dt/servers/amd.htm

おすすめ記事