ニュース

デル・テクノロジーズ クラウド向けのデータ保護機能を強化 Azureを「データ隔離」領域として利用可能に

2022/07/07 16:00

週刊BCN 2022年07月11日vol.1930掲載

 デル・テクノロジーズは6月30日、サイバー攻撃などに備えるデータ復旧ソリューション「PowerProtect Cyber Recovery」の機能を拡充し、マルチクラウドへの対応を強化したことを発表した。従来対応していたAWSに加えて、Azureもデータを隔離するための領域として利用可能とし、より幅広い構成でデータ保護の体制を整えられるようにした。

 PowerProtect Cyber Recoveryは、バックアップ用ストレージ製品「PowerProtect DD」(旧Data Domain)を中核とするデータ復旧ソリューションで、本番環境から取得したバックアップデータを、外部ネットワークから隔離された専用空間に転送して保管するのが特徴。また、バックアップデータがランサムウェアに感染していないことを確認するため、データの改ざんなどの異常を検知できる分析機能を搭載している。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

複雑化するシミュレーション要求に高速性で応える、AMD 3D V-Cache付きEPYC 7003搭載のCAE用サーバー「Dell PowerEdge」~AnsysのCAEソフトを活かすには?~

デル・テクノロジーズ ソフトウェアでストレージ性能を強化 エントリー機種でも最大18.8ペタバイトに対応

外部リンク

デル・テクノロジーズ=https://www.dell.com/ja-jp/dt/servers/amd.htm

おすすめ記事