ニュース

IIJがSASEサービスを提供開始、5年で50万アカウント獲得目指す

2022/09/01 16:00

週刊BCN 2022年09月05日vol.1937掲載

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、9月1日からSASE(Secure Access Service Edge)サービス「IIJセキュアアクセスサービス」の提供を開始した。SASE関連のサービスは外資ベンダーが提供するケースが大半だが、自社開発して国産サービスとすることで差別化を図る。最小50ユーザーから利用でき、価格も競合サービスに比べ安価にすることで、中堅中小企業の顧客獲得を狙う考えだ。今後、5年間で50万アカウントの獲得を目標として掲げる。

 SASEは、ネットワーク機能とセキュリティ機能を包括的にサービスとして提供することが求められる。IIJセキュアアクセスサービスでは、セキュリティ機能としてURLフィルタリングやアプリケーション制御を提供する「Webゲートウェイ」とアクセス制御を提供する「ファイアウォール(タイプ1)」を展開。ファイアウォールでは2023年1月にUTM機能を持った「タイプ2」を提供する予定だ。ネットワーク機能では、専用のエージェントをインストールすることでセキュリティ機能を適用したインターネットアクセスを実現する「プライベートコネクト」と、同社の閉域ネットワークサービスとIIJセキュアアクセスサービスを接続し、パブリッククラウドへの安全なアクセスを可能とする「プライベートコネクト」をラインアップした。ユーザーは必要な機能を選択して利用できるという。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ALSI、IIJセキュアWebゲートウェイサービスにInterSafe WebFilterを提供

外部リンク

インターネットイニシアティブ=https://www.iij.ad.jp/