ニュース

米Zebra Technologies 企業は倉庫業務の自動化に積極的 需要の増加や人材不足が背景に

2022/09/15 09:00

週刊BCN 2022年09月12日vol.1938掲載

 米Zebra Technologies(ゼブラ・テクノロジーズ)は9月5日、「未来の倉庫業務に関するグローバル調査2022」を発表した。企業は、需要の増加や人材不足を背景に、倉庫業務の生産性向上に向けて、自律走行搬送ロボット(AMR)など、自動化テクノロジーの導入に積極的であることが分かった。

 現在、倉庫業者の27%がAMRを導入しており、90%の企業幹部が今後5年以内に導入する予定と答えた。加えて、ロボティクス・ソリューションをサービスとして利用するRaaS(Robot as a Service)を5年以内に利用したいとした企業幹部は88%に上った。経営層の意思決定をサポートするソフトウェアや、倉庫内のデータを取得するセンサー型テクノロジーへの注目度も高く、87%の企業幹部が、3年以内に倉庫の近代化プロジェクトのスケジュールを前倒しする計画があると回答した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

おすすめ記事