ニュース

フォーティネットジャパン、田井新社長が事業戦略を発表 OTセキュリティとサービスビジネスを強化

2022/09/15 09:00

週刊BCN 2022年09月12日vol.1938掲載

 フォーティネットジャパン(フォーティネット)は9月2日、記者会見を開催し、7月1日付で新社長に就任した田井祥雅氏が事業戦略を説明した。田井社長は、主力である次世代ファイアウォール(FW)事業に加え、OTセキュリティの推進とサービスビジネスの強化を図る方針を示した。
 
田井祥雅 社長

 田井社長はソニーやSAS Institute Japan、シスコシステムズなどで要職を歴任。2020年11月、フォーティネットの副社長兼メジャーアカウント統括本部長に就任し、エンタープライズビジネスやOTセキュリティ分野で手腕を振るってきた。自社の強みについては技術力の高さを挙げ、「グローバルで1255件の特許を取得している。加えて、自社でASIC(プロセッサー)を開発している点も他社とは大きく違うところだ」と述べた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

フォーティネットジャパン SaaSへのセキュリティ対策を強化 最新のセキュリティOS「FortiOS 7.2」を発表

統合的・包括的なセキュリティ対策を提供する

外部リンク

フォーティネットジャパン=https://www.fortinet.com/jp

おすすめ記事