ニュース

NTTコムの「ドコモビジネス」、立ち上げから1年の成果は?

2022/10/27 16:00

週刊BCN 2022年10月31日vol.1944掲載

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)が、NTTドコモの傘下で法人事業ブランド「ドコモビジネス」を立ち上げてから約1年が経過した。NTTコムの丸岡亨社長は「想定以上に事業統合が順調に進んでいる」と手応えを感じている。従来のNTTコム単体では大企業中心のビジネスだったが、中堅・中小企業を含め幅広い顧客層を持つドコモの法人事業が加わったことで、「より広範囲に法人ビジネスが展開できるようになった」と相乗効果が出始めていると話す。
 
丸岡 亨 社長

 ドコモビジネスの布陣は、データセンターやクラウドを強みとするNTTコムと、大規模アジャイル開発をはじめとするソフト開発を手がけるNTTコムウェアがNTTドコモの傘下に入り、3社の法人向けITビジネスをドコモビジネスのブランドのもとで統合。ドコモの法人担当5000人余りがNTTコムに移ったことで、NTTコムの従業員数は約1万6000人に増えた。「全国の支社オフィスにドコモビジネスのメンバーが集まり、一つのチームとしてのマインドが高まっている」(丸岡社長)と結束力を強調する。NTTコムウェアとはアジャイル開発を中心に協業を深める。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

NTTコミュニケーションズ、製造業向けの脱炭素支援でオムロンと協業

NTTコミュニケーションズ AIで認知機能の状態を測定 電話サービスの提供を開始

外部リンク

NTTコミュニケーションズ=https://www.ntt.com/index.html

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>