ニュース

ジェイズ・コミュニケーションの「RevoWorks Browser」、宇都宮市が採用

2022/10/31 15:25

 ジェイズ・コミュニケーションのローカル仮想ブラウザー「RevoWorks Browser」が、宇都宮市(栃木県)に採用された。

RevoWorks Browser

 宇都宮市では、職員からウェブ会議利用や動画閲覧などの要望が増えつつあったが、仮想デスクトップによるインターネット分離ではインターネットの利用が限られるという課題があった。

 システム移行のタイミングで課題を解消し、テレワーク環境からもセキュアにインターネット接続できる製品の導入を検討するため、複数回にわたりRevoWorks Browserの効果検証を実施。その結果、セキュリティを確保しながらも高い利便性を両立できることが評価され、今回の採用となった。

 RevoWorks Browserの導入によって、システム移行後には3000人以上の職員全員がインターネットを利用でき、ウェブ会議利用や動画閲覧が容易に可能になることで、業務効率の改善を期待している。
 
  • 1

関連記事

ジェイズ・コミュニケーション、「Vade for M365」の取り扱いを開始

ジェイズ・コミュニケーション、米Forescoutと販売代理店契約

ジェイズ、SaaS型バックアップサービス「Barracuda Cloud-to-Cloud Backup」を提供

外部リンク

ジェイズ・コミュニケーション=https://jscom.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>