ニュース

ジェイズ・コミュニケーション、「Vade for M365」の取り扱いを開始

2022/09/07 16:57

 ジェイズ・コミュニケーションは9月6日、仏Vade Secure(Vade)と販売代理店契約を結び、サブスクリプション型メールセキュリティ「Vade for M365」の取扱開始を発表した。

Vade for M365 のシステム構成

 昨年末から再び猛威を振るっているEmotet(エモテット)をはじめ、標的型、フィッシングやランサムウェアなどサイバー攻撃の90%以上がメールを起点にしているといわている。とくに、Microsoft 365は約2.6億人という多くの企業ユーザーに世界中で利用され、メールだけでなくOneDriveやSharePointも侵害可能なシングルエントリーポイントとして狙われるため、フィッシング攻撃の最大のターゲットとされている。しかし、Microsoft 365メール標準のセキュリティ機能では、未知の脅威や亜種のマルウェアへの対策が不十分であるといわれている。

 今回取り扱いを開始するVade for M365は、Microsoftが提供するAPIを利用したクラウドベースのサブスクリプション型ソリューション。AIを活用した機能をAPI連携することでMicrosoft 365と一体化した多層防御を実現する。メールサーバー環境にインストールする必要がないため、慣れ親しんだユーザー体験を一切損なわずにメールセキュリティを強化することができる。

 ジェイズ・コミュニケーションでは、セキュリティソリューションのラインアップにVade for M365を加えることにより、メールセキュリティ対策の強化を提案するとともに、昨今高まるセキュリティソリューションのサブスクリプション型サービスのニーズに対応していく。

 Vade for M365の主な特徴は、17の特許を取得したAI、24時間体制のVadeエンジニアによるタイムリーなフィルタ更新、行動アルゴリズムによって分析されたパターンを利用し、Microsoft 365メール標準のセキュリティ機能EOP(Exchange Online Protection)をすり抜ける未知の脅威も確実に検知する。

 また、導入構築工事が不要なため簡単に導入が可能。「Emotet」「COVID-19」など話題のキーワードを利用してメールログを高速検索し、APIを利用して受信トレイの操作をすることもできる。

 全世界で5000社以上のさまざまな業種で導入実績があり、計10億個以上のメールボックスを保護している。国内大手キャリア3社でも採用され、市場での高い評価を得ている。
  • 1

関連記事

ジェイズ・コミュニケーション、米Forescoutと販売代理店契約

ジェイズ、SaaS型バックアップサービス「Barracuda Cloud-to-Cloud Backup」を提供

ジェイズ、ジュニパーネットワークスの「Japan Distributor of the Year 2021」を受賞

外部リンク

ジェイズ・コミュニケーション=https://jscom.jp/

「Vade for M365」=https://jscom.jp/vade/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>