ニュース

LegalForceが社名変更、23年1月に米国事業を開始

2022/12/08 16:00

週刊BCN 2022年12月12日vol.1949掲載

 AIを活用した契約書レビューサービスなどを提供するLegalForceは12月1日に開いた記者説明会で、「LegalOn Technologies」への社名変更を発表した。9月に米LegalOn Technologies(リーガルオンテクノロジーズ)を設立したことも明らかにし、2023年1月から米国で事業を開始するとした。角田望・代表取締役は「契約関連サービスの市場は米国が世界をリードしている。契約領域でサービスを提供していくには避けて通れない市場だ。日本の子会社ではなく、米国のスタートアップとしてチャレンジをしていく」と力を込めた。
 
角田 望 代表取締役

 米国では、LegalForceが商標登録されており、利用できないことやグローバルで統一したブランドで展開していきたいとの考えから社名変更に至ったという。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

LegalForce、SB C&S経由でサービスの提供を開始

LegalForce、AIサービスに対する意識調査を実施

外部リンク

LegalForce=https://legalforce-corp.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>