「新規事業と構造改革」

岡田 明社長

 当社はキヤノン製品の付加価値を高めるソフト開発のエンジニアリング事業と、トータルソリューションプロバイダとしてコンサルティングから開発などSIによるソリューション事業の両輪で事業を展開している。

 01年の社長就任以来、事業の集中と選択を進めてきた。05年度中間期は売上高、経常利益、純利益で過去最高を記録、順調に推移している。

 昨年度は、大型案件を獲得するなど成果をあげた。これまで取り組んできたことが、結果に現れはじめている。

 今後の成長戦略としては、キヤノングループ以外の販売比率を現在の3割から、08年度末には5割まで引き上げたい。また、01年度以降毎年1%ずつ向上している経常利益率を08年度をめどに、7.5%まで高めていく計画だ。

 そのためには、キヤノン製品の開発で培った技術力を生かしたドキュメントソリューション、自社開発パッケージで業務用ウェブアプリケーションの自動生成ツール「Web Performer」を中核としたパッケージソフトの2本柱で、拡販を進めていく。

 「Web Performer」は、ウェブアプリケーション開発において工数、費用がかさむ実装フェーズを自動化させるツールで、内部設計だけでも4分の1から5分の1と、大幅なコスト削減に貢献する。現在は直販と一部のパートナー経由による販売だが、今後はパートナーの強化を図っていく方針だ。