「ステップ」

小川暢久社長

 東芝テックビジネスソリューション(TTBS)にプリンタ事業を移管したことで、パソコンやシステム販売を展開するうえで非常にシンプルとなった。06年は、パソコンベースのソリューション提供を強化する“ステップ”の年となる。06年度(07年3月期)以降のビジネスを加速させるため、中期経営計画の策定も詰めている。

 売上規模を拡大するためには、パートナービジネスの強化が重要になる。パートナー数は、プリンタ事業をTTBSに移管したことで2割程度に減少したが、既存のパートナーとの協調関係を深めていくほか、新規パートナーを開拓することを重視していく。そこで、疎遠となっていた旧オフコンディーラーに対して、当社のパートナーとして戻ってくるように話を持ちかけている。最近では、オフコンを販売してきたディーラーがオープン系システムを構築する機運も高まっている。パートナー数を増やすため、販売プログラムを早急に策定するほか、パートナー会の設置も検討している。

 同時に、社内システムのリニューアルも進めている。06年度早々には、CRM(顧客情報管理)システムなどを稼働させる計画だ。営業担当者による契約までのプロセスや顧客企業との取引状況などをデータベース化し、新規顧客の開拓や既存顧客への付加価値提案につなげる。顧客ニーズに柔軟に対応できることが“ソリューションカンパニー”として大きく変貌するカギだと考えている。