強みをさらに伸ばす

輪島藤夫 社長


 当社の強みは業務用スキャナとキオスク情報端末機器、全国の保守サポート網の3つ。これにソフトウェア・サービスを軸とするシステム構築力を付加する。強みをさらに伸ばし、そのうえでSI事業を拡大させていく方針だ。スキャナやキオスク端末を活用する顧客のニーズは常に進化している。この動きをしっかり捉えて期待に応えていくことがビジネス拡大のカギになる。

 業務用スキャナでは世界シェアが5割程度まで拡大。紙文書をデジタル化して保存する需要が世界的に高まっており、うまくこの波に乗れたと自負している。この勢いで数年内には6割程度までシェアを高めたい。キオスク情報端末も好調で、国内を中心に販売台数が伸びた。全国約120か所の保守サポート拠点を武器に、積極的に顧客開拓に取り組んできたことがプラスに作用した。

 キオスク情報端末は業務システムと連動するため、どうしても他社のシステムを含めた総合的なサポートが求められる。当社の親会社は富士通だが、15年前からマルチベンダー対応を進めてきた。情報システムを一括でサポートできる点が評価され、競争が厳しい保守サポート業界でも順調に売り上げを伸ばすことができた。

 昨年度(2007年3月期)の単体売上高は前年度比12%増の1048億円、今年度は5%増の1100億円を狙う。ISVなどとの連携を強化することでソフト・サービス商材の拡充にも取り組む。2010年の創業50周年に向けて大きくステップアップしたい。


(1)生年月日: 1947年3月26日 (2)年齢: 60歳 (3)出身地:石川県七尾市 (4)出身領域:技術系