熊崎伸二 社長


 ふさわしいのは「築」。これまで固めてきた基盤をベースに、事業の拡大路線を築いていく。

 具体的には、2008年度(09年3月期)早々に親会社の伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)向け製品調達部隊を設置する予定だ。メジャーな製品だけでなく、付加価値の高い製品を調達することでラインアップを増やす。こうしたビジネスを手がけることで、販売代理店とのパートナーシップの深耕にもつなげていく。

 CTCは、旧CRCソリューションズとの合併で事業領域が拡大している。当社も、グループ間の連携を強化することで事業領域を広げることが可能だ。最近は、他社が扱っていない海外メーカー製品の販売も順調に伸びている。こうした製品とCTCとの連携を強化していけば、ビジネス領域を広げることが可能だと確信している。

 07年は、前社長が“礎”を掲げた。これは、05年度で業績拡大に向けた基盤整備のめどが立ち、06年度に飛躍するための反転攻勢をかけてきたことが背景にある。加えて、CTCグループの連携強化に歩調を合わせての事業再編を進めることで基盤固めに取り組んだ。今ではグループのなかで、当社の位置づけが明確になった。こうした状況を踏まえ、今後は実績として開花させることが重要だ。

 コンプライアンスをはじめ、システムの統合化や仮想化、環境対策など業界を取り巻く環境は、ユーザー企業に対して一段とICT化を促すという点で明るい。そのなかで必ず成長していく。


(1)生年月日: 1951年7月28日 (2)年齢: 56歳 (3)出身地:岐阜県 (4)出身領域:技術系と営業系