「攻め」から「進化」へ

鹿島亨 社長


 2006年は「攻めに転じる」、07年が「攻めの成果を出す」、そして08年は「攻めから進化へ」。成長戦略を描き、売り上げ増とコスト削減の両面で攻めの経営を過去2年間貫いてきた。業績は計画以上に伸びている。08年は新たなステージに上昇する年。「進化」のフェーズに入る。

 今年度(08年3月期)は、3か年の中期経営計画の最終年度。売上高400億円、経常利益32億円(経常利益率8%)を目指してきたなか、中間期の経常利益率は8・7%を達成。銀行・証券業向けシステム開発や組み込みソフト開発、機器販売など各事業セグメントは総じて好調だ。

 この結果を踏まえ、通期業績見通しは上方修正している。売上高415億円、経常利益38億5000万円(同9・3%)を新たに掲げ、中計スタート当時に定めた計画以上の結果を残す。下期は、インドを中心としたオフショア開発拠点の増強、グループ全体の営業力の強化、強みのSOAやOSS関連ビジネスの拡大を重点施策に置き、計画達成を目指す。

 来年度は新中期経営計画がスタートする。目標は売上高1000億円以上、経常利益率10%以上。ソフト開発案件を元請けで受注するためには、ある程度の年商規模が必要になる。元請けの独立系ソフトハウスとして活躍するには、1000億円は最低でも必要だと感じている。急速に売り上げを伸ばすためにはM&Aは必須。持ち株会社を設立するなどすでに準備を進めており、来年度から本格的に動き始める。


(1)生年月日: 1952年7月28日 (2)年齢: 55歳 (3)出身地:神奈川県 (4)出身領域:営業系