体質強化

宇佐美愼治 社長


 2008年は「体質強化」を目標に据えた。07年に「SMILEシリーズ」を「大塚商会ブランド」から「OSKブランド」に移管し、親会社から「自立」。一方、サポートや品質管理など現体制の改善すべき点も見えてきた。品質を伴う中でソフトウェア開発のスピードを速める。

 この体質強化のために、親会社から開発人員を確保して、販売促進や製品サポート用のコールセンターなどとも、さらに連携を深める。08年の当社を天候に例えると、「晴れ」と言い切れる情勢にはない。単にERP(統合基幹業務システム)としてだけでなく、業種・業態に応じた機能やCTI、販売で必要となるツール類などの開発スピードを速める必要があるからだ。

 過去10年以上かけて開発したソフト資産を一気に新しいプラットフォームに変えることは、1年でできることではない。今は、通常3─4年かかるソフト開発を2年程度でできるようにすることを目標にしている。業種・業態に応じた新しいラインアップが揃わない限り、営業を動かすことができない。

 08年10月には、「・NETフレームワーク」で開発した中小企業向けERP「SMILEis」を出した。この先は、中堅・大企業向けの後継ERP「SMILEシリーズ」の開発を急ぐ。内部統制がスタートすると、グループ会社に波及する可能性がある。また、パソコンの新OS「Vista」の企業向け商談が増えてきているほか、データセンターのハウジング需要がコンスタントに増えており、業界が明るくなりつつあるとみている。


(1)生年月日:1952年6月27日 (2)年齢:55歳 (3)出身地:東京都 (4)出身領域:技術系