新時代の礎を築く

新宅正明 社長


 プラットフォーム提供という新しいビジョンを浸透させ、新時代の礎を築く。 具体的には、当社の数多くある優れたアプリケーションの拡充と連携強化を図っていく。ユーザー企業のビジネスプロセス変革を支援することが最大の目的だ。

 これまではデータベース(DB)を中心に製品供給がビジネスの主軸だった。このビジネスは引き続き力を入れていくが、加えて今後はDB以外の製品も顧客に理解してもらえるかどうかがカギになってくる。そのためにも、販売代理店などとのパートナーシップをさらに深めることが重要だと考えている。最適なパートナーとして当社を選ぶような環境を作っていく。パートナープログラムは今後も拡充していき、これまで以上にコミットメントしてもらうように取り組む。また、自社運用型とSaaSモデルでユーザー企業の選択肢を広げるなど、ハイブリッドなシステム運用形態のサポート体制も整えていく。

 今年度(2008年5月期)上期の業績は、売り上げと利益がともに3期連続で最高を更新し、高い収益を維持した。そういった点で、07年は十分に満足できた年だったといえる。一方、先行き不透明な景況感が投資抑制を招くなど市場環境は厳しい。だからといって、その状況をじっと眺めているだけではいけない。自ら晴れ間を作っていくことが使命だ。新しい基礎を固めていくという点でも08年は重要な年と考えている。そして、2010年にはプラットフォーム戦略を確固たるものにする。


(1)生年月日:1954年9月 (2)年齢:53歳 (3)出身地:大阪府 (4)出身領域:営業系