グローバルセキュリティ元年

麻地徳男 社長


 当社の事業は製造・流通業向けのシステムソリューションとセキュリティソリューションに大別される。製造・流通向けのソリューションは自動車や電子機器類について業況が悪化している。一方、セキュリティソリューションは09年に内部統制の監査が始まる。

 いまや製造業の売り上げの半分は海外が占めている状況で、重要機能や機密情報が、世界中の現地法人に移植されつつある。本社から見えるセキュリティガバナンスが必須。つまり、「グローバルセキュリティ元年」である。現在、当社には169名の中国現地法人社員がいるが、専門性の追求と部門間の連携を強化し、日系企業へセキュリティガバナンスや業務システム開発などに対するソリューション提案でグローバルなITサービスを実践している。

 もう一つのキーワードが「CHAIN(Challenge+Integrity)」だ。「ソフトウェアはものづくり」。社会に価値ある機能の提供、果敢な挑戦とそれを利用者の満足につなげるまでの粘り強さと結束で、事業を確実なものにしたい。顧客とのCHAIN(つながり)も大切にし、現場視点のシステムとサービスを提案していく。

 2009年は、次の中期経営計画のスタート時期だ。経営体質を〝筋肉質〟に鍛えたい。経営リソースを上記2事業の強い部分に集中し、収益力を維持・拡大により次の中期目標である売上高100億円、営業利益7億円を達成したい。