開拓

木村伊九夫 社長


 中期経営計画の最終年2011年3月期に売上200億円、営業利益率10%。この旗は下ろしていない。08年7月1日に体制の見直しを行い「営業企画部」を「営業企画本部」として格上げした。営業戦略、販売チャネルの戦略立案の機能強化などが狙いだ。

 また、4事業部を3事業部制に再編した。従来、中小企業のSI案件をこなす部隊が3事業部にまたがり、業務が複雑になっていた。中小企業向けのSI部隊を一本化し、金融系と公共系の大規模システム開発部隊も統合したことで、各事業部が主眼に置くミッションをはっきりさせて営業を動きやすくした。じわじわと効果が現れてきたと実感している。

 2009年も08年と変わらず実質的なキーワードは「総合力」。だが、さらに意味合いを広げるうえでも09年の言葉は「開拓」としたい。SMBの市場の「開拓」と、従業員の「総合力」に結びつく能力の「開拓」という二つの意味を込めている。

 SMBの案件では、顧客先に専門家が大勢押しかけても仕方がない。絶対に必要なのは「ジェネラリスト」だ。スキルを培うことにより、「一人二役以上のマルチタレント」に仕立てたい。マルチタレント育成のために、プロマネ力の向上や当社向きのSE教育などを独自のテキストで教育している。また、システムやビジネス提案力を強化するため外部講座を受けさせている。当社は人が財産。そのための教育と研究開発投資は惜しまない。