変革

熊崎伸二 社長


 “嵐”が治まるのを待たなければならない状況だ。そんななかにあって、当社は「変革」を果たす。基盤作りは行ってきた。

 企業体質は改善されてきた。トップダウンからボトムアップが主流になり、現場から次々と斬新なアイデアが出てきている状況だ。これまでの改善策で、“ホップ”“ステップ”まで到達している。本来ならば、“ジャンプ”したいところだが、今後の市場環境を踏まえた強化を図る。生き残るために“筋肉質”な会社をさらに目指していくということだ。

 社内体制の整備強化として、2008年9月に「イノベーション会議」という新規事業の創出を目的とする会議を実施するようになった。この会議により、今後1~2年をめどに着手できて、着実に成果に結びつくビジネスを模索していく。

 また、各地域での基盤作りがビジネス拡大の原動力になる。例を挙げれば、福岡ではCTCグループで大規模案件を受注したケースがある。ほかの地域では、こうしたモデルを生かして販売パートナーであるSIerなどと共同で案件獲得の仕組みを構築していく。さらには、SIerが得意とする製品と組み合わせたソリューションのラインアップを増やしていく。

 社長就任以後、コスト削減を徹底的に実行してきた成果が現れ、不況でも乗り切れる体質が作れた。基盤を整備し、市場環境に明るい兆しが見えた瞬間、一気にジャンプできる準備を進める。