新潮流への挑戦

ユニアデックス 高橋勉 社長
 ICT業界が大きな転換期を迎えている。といっても、景気が悪化したからというわけではない。ユーザー企業がICT関連製品を「『所有』から『利用』」へと切り替えるクラウド時代が到来しつつあるからだ。その流れに呼応して、2010年は「新潮流」をテーマに「挑戦」していく。

 クラウド時代に備え、ビジネスの基盤をサービスに置く。当社は、ユーザー企業が自社のコア業務に専念できるように、パソコンやサーバー、ネットワークなどの面倒な運用管理を当社がすべて代行するサービス「LCM(ライフ・サイクル・マネジメント)」を提供している。このサービスでITシステムやネットワークインフラなど全体を管理している。

 加えて、「クライアント」「サーバー」「ネットワーク」などサービスを切り分け、大規模システムを構築している大企業だけでなく、中堅・中小企業に導入を促進するなど、ユーザー層を広げることにも取り組んでいる。また、LCMサービスをもう一歩進めるため、ICTリソースをエージェントレスで一元管理することで障害部分の特定から分析の自動化が可能な「運用監視自動化ソリューション」をサービス化し、運用監視の根本的課題解決にも対応している。さらに、引き続き仮想化環境の構築にも力を注ぐ。

 先行き不透明な市場環境といわれているが、当社では案件獲得の増加など、明るい兆しが見え始めている。厳しい状況のなか、大きなうねりを見据えてビジネスを手がける。