年頭所感

【2010年 年頭所感】 日立ソフトウェアエンジニアリング

2010/01/14 20:37

週刊BCN 2010年01月11日vol.1316掲載

変革の加速

日立ソフトウェアエンジニアリング
小野功 社長
 キーワードは「変革の加速」。これまでにも、変革、変革…と、お題目のように唱えてきたが、市場が変化している以上、やはり自身の変革をより加速させなければ勝ち残れない。当社と日立情報システムズ、日立システムアンドサービスの上場SIer3社は、日立製作所の完全子会社として2010年、再スタートを切る。上場廃止にはなるが、それでも日立製作所グループの一員として、本体と一体的なビジネスを展開する意義は大きい。2009年10月からは日立製作所の情報・通信グループと、日立電子サービスを加えた主要SIer4社が横並びで経営会議を開催。私は議長役として、仕事量の半分くらいを経営戦略の立案に費やしている。

 議論の方向の一つとして、グローバルビジネスの拡大が挙げられる。日立グループの海外におけるITビジネスは、やはりまだ力不足の感が否めない。ストレージ製品やITコンサルティングなど強みはあるが、今後、グローバルで第三、第四の柱をどう打ち立てていくのかが課題だ。

 当社は早くからクラウド・コンピューティングの基盤構築に着手している。例えば、日立グループで共通のクラウド基盤を有し、グループ各社がこぞって強みとするアプリケーションを移植。さらに、顧客の基幹業務システムを取り込んでいけば、世界中どこにいても均質で、品質の高いITサービスを提供できる。グループの総合力を生かしてビジネスを伸ばす方針だ。
  • 1

関連記事

【2009年 年頭所感】 IT企業トップの「決意」と「実行計画」 日立ソフトウェアエンジニアリング

【2008年 年頭所感】 日立ソフトウェアエンジニアリング

おすすめ記事