グループウェアや業務支援システムの関連メーカーであるドリーム・アーツ(山本孝昭社長)は、SIerなど販社とのパートナーシップ深耕に積極的だ。最近になって、さまざまな販社と戦略的な協業を進めており、大規模案件の獲得を果たしている。また、サービス型モデルが浸透しつつあるなか、製品のSaaS化することにより、クラウド時代で主導権の掌握を目指す。

 直近では、日本通運に対して、企業情報ポータル型グループウェアの「INSUITE Enterprise(インスイート・エンタープライズ)」を導入することが決定。日本通運では、外勤専任者を除く約2万人の新情報共有プラットフォームを検討しており、ドリーム・アーツの製品が適していると判断。新情報基盤の利用は、今年度中に各組織で順次進めていくという。この案件については、日本通運へのシステム提案をはじめ、導入や構築などSIの部分をドリーム・アーツの販社である東芝ソリューションが実施した。

 また、新しい協業に関しては、ITホールディングスグループのネオアクシスとパートナー契約を締結。この協業で、ドリーム・アーツの「インスイート・エンタープライズ」やウェブベースのDB(データベース)「ひびきSm@rtDB」と、ネオアクシスの「Notes to Web Transporter」を組み合わせ、IBM製グループウェア「Lotus Notes/Domino」のユーザー企業に対して、ネオアクシスが移行サービスを提供していく。

 ドリーム・アーツの製品について、販社は他社製品との互換性が高いと評価しているようだ。また、「今後はソフトを軸にサービスを提供してきた強みを生かす」(山本社長)方針を掲げており、SaaS化を中心にクラウド・サービスの提供を本格化。これにより、大企業を中心にユーザー企業を獲得する既存のビジネスモデルに加え、SMB(中堅・中小企業)市場で新規開拓を図っていく。(佐相彰彦)