ITホールディングスグループのTIS(藤宮宏章社長)とドリーム・アーツ(山本孝昭社長)は、大企業向けグループウェアとWebデータベース(DB)を活用した情報共有ソリューションで協業を強化する。

 TISがドリーム・アーツの企業情報ポータル型グループウェア「INSUITE Enterprise」と、業務アプリケーション開発基盤「エンタープライズWebデータベースひびき Sm@rtDB」を活用して、情報資産をさらに活用するためのサービスを提供する。

 両社はすでに九州電力などのユーザー企業に対して、ドリーム・アーツが製品を提供し、TISが提案から構築・運用サポートまで包括したサービスを行う体制を築いている。今回は、ユーザー企業の要望にさらに迅速に対応するために専門部隊の人員を増強し、体制を強化した格好だ。